キャンドルナイトワンピースブログ

    2010年07月03日

    平和のかけら写真展

    100703_1546~01.JPG


    新潟県長岡市の市民センターで



    今日から7月19日(月)まで「平和のかけら写真展」を行います




    是非足を運んでみてください
    posted by キャンドルナイトワンピース実行委員会 at 15:48| Comment(0) | 【運び人】よっすぃー:星野村→北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年06月22日

    ___自分の幸せはなんて小さいもので貴重なものかと思う。




    祖母のヒバクシャを持つ渡部久仁子さんが書いた詩の最後の一行



    ほんの2ヶ月ほど前


    僕はキャンドルナイトワンピース代表のたけちゃんと縁あってお会いした


    そのときに原爆の火が燃え続けていることを知った


    「凄い!」と思うと同時に

    「ホントか!?」という懐疑的な思いが僕の中にあった



    僕の好きな言葉の一つにこんなものがある




    「信じるな。疑うな。確かめろ」






    聞けば毎年福岡からヒッチハイクで北海道に火を届けているとのこと



    「面白そう」

    「確かめたい」



    僕が今回の役を引き受けたのはこんな単純な理由



    5月31日新潟出発


    途中で


    広島の原爆ドーム、平和公園、資料館


    長崎の平和公園、資料館

    を訪問



    だけどピンと来ない



    戦争を知らない僕がどんなにイメージに努めてイメージしたとしても



    それはリアルを体験した人のそれにどれほど近づけると言うのだろうか




    僕は自分自身よくわからないまま


    「平和の火」がある星野村に入った




    そこでヒバクシャの証言を記録したものを見た




    その中の一人の女性が泣きながら語っていた





    私は自分が良い人間だと思ってた


    だけど原爆が落ちてやっていけないこと沢山やったよ


    助けを求めてくる沢山の人がいる中で


    私は自分の家族に会いたくてその人達を置いてその場から逃げたんだ




    その話を聞いたとき


    もし自分がその場にいたら同じことをしていたと思った




    そう思ったからこそ



    僕は感覚として広島と長崎に原爆が落ちたことがわかった気がした




    6月6日福岡県星野村出発



    沢山の乗せてくれた人たちが



    「今回のことに関わることが出来て良かった」


    「北海道に頑張って火を届けてね」



    凄い嬉しかった



    正直僕が火を北海道まで運べたのは




    原爆の火だから



    という事実よりも



    北海道で火を待ってくれている人がいる



    ここまで僕を乗せてくれた人たちとの約束



    という思いが強かったように思う




    正直寒くてしんどい夜が何回もあった(まぁそれは僕が寝袋を持って行かなかったことにもかなり原因があるんだけど)




    俺何やってんだろ



    さむっ



    ちゃんと期日までに持って行けるかなー



    俺がめっちゃ可愛い女の子だったら速攻行けるのに




    なんて思ったり思ってなかったり




    もし火がなかったら



    自分一人の旅だったら途中で家に帰ってた



    俺だけの旅じゃなかったから乗り越えることができたし



    横になって寝れること


    夜風を防ぐ場所があること


    布団があること


    その有り難さに感覚的に気づくことができた




    旅をしていてわかったことは


    火に罪はないということ


    夜寒かったときにランプとカイロからの暖かさで僕はとても救われた



    なんでもそうだけど使う人の意思で



    人や自然を傷つけるものにも


    救えるものにもなる





    日本は平和だ





    北海道で広島で被爆した方と話をしたとき、これまで出会ってきた人にしてきたように



    「あなたにとって平和とはなんですか」



    と聞いてみた



    しばらく考えたあと





    平和ってなんだろう



    まるで空気みたいなもののように感じますね



    自分がその中に居ても


    ありがたいと思っていなければおしまい





    そう書いてくれた




    僕は今回

    僕に出会ってくれた人たち

    平和の火に出会ってくれた人たちが



    今実は平和の中にいるということを再確認してくれればいいと思う



    できたら遠い海の向こうでは平和じゃない国があることも考えてもらえたらと思う




    自分の幸せはなんて小さいもので貴重なものかと思う。





    大嶋義章
    posted by キャンドルナイトワンピース実行委員会 at 00:05| Comment(1) | 【運び人】よっすぃー:星野村→北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年06月20日

    あーすでいにーがた

    100620_1716~01.JPG100620_1716~02.JPG


    会場に無事着きました





    ただいまキャンドルナイトに向けて準備ちゅー
    posted by キャンドルナイトワンピース実行委員会 at 17:18| Comment(0) | 【運び人】よっすぃー:星野村→北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    RSS取得
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。